【自著を語る】 新・14  〈2018年2月14日〉

2018.02.14 Wednesday

0
    【自著を語る】 新・14  <2018年2月14日>

    【66】『如儡子百人一首注釈の研究』
         百人一首注釈書叢刊 別巻2
         平成24年3月20日、和泉書院発行
         A5判、362頁、定価12000円+税
    口絵写真
     『砕玉抄』・『百人一首鈔』・『酔玉集』・『百人一首註解』
     『神龍山松岡寺過去帳』・斎藤家位牌
    目次
    はじめに ……………………………………………………………   
      研究篇
    第一章 研究史 ……………………………………………………   3
      第一節 田中宗作氏の研究 …………………………………   3
      第二節 田中伸氏の研究 ……………………………………   8
      第三節 野間光辰氏の研究 …………………………………  14
      第四節 島津忠夫氏・乾安代氏の研究 ……………………  17
    第二章 諸本の書誌 ………………………………………………  29
      第一節 『砕玉抄』 …………………………………………  29 
      第二節 『百人一首鈔』 ……………………………………  33
      第三節 『酔玉集』 …………………………………………  37
      第四節 『百人一首註解』 …………………………………  41
    第三章 諸本関係の分析 …………………………………………  45
     第一節 序説 ………………………………………………  45
    一、はじめに ……………………………………………  45
    二、著者・成立年・書写者 ……………………………  46
    三、配列順序・使用古注釈 ……………………………  52
    四、執筆意図とその特色 ………………………………… 56
    第二節 『百人一首鈔』と『酔玉集』 …………………… 62
    一、 はじめに …………………………………………… 62
    二、 『百人一首鈔』・『酔玉集』歌人配列対照表 …… 63
    三、 『百人一首鈔』と『酔玉集』の本文異同 ……… 66
    〔一〕 省略・脱落関係 …………………………… 66
    〔二〕 漢字・仮名の異同 ………………………… 77
    〔三〕 用字の異同 ………………………………… 82
    〔四〕 仮名遣いの異同 …………………………… 84
    〔五〕 その他の異同 ……………………………… 87
    〔六〕 和歌の異同 …………………………………101
    〔七〕 まとめ ………………………………………114
     第三節 『百人一首鈔』・『酔玉集』と『百人一首註解』………119
    一、 はじめに ……………………………………………119
    二、 京大本『百人一首註解』の書誌的問題点 ………120
    〔一〕十七番歌・在原業平朝臣の脱文について …120
    〔二〕配列について …………………………………122
    三、乾安代氏の『百人一首註解』解説 …………………124
    四、異同からみた『百人一首註解』の位置 ……………127
    〔一〕序説について …………………………………127
    〔二〕その他の異同について ………………………130
    五、まとめ …………………………………………………127
     第四節 『砕玉抄』と『百人一首鈔』 ………………………140
    一、はじめに ………………………………………………140
    二、武蔵野美術大学美術館・図書館金原文庫所蔵本概要
           ………………………………………………140
    三、 書名「砕玉抄」について …………………………141
    四、 『砕玉抄』の歌人配列順序(折丁明細一覧)……141
    五、 第七番歌、参議篁の歌 ……………………………146
    六、 『砕玉抄』と『百人一首鈔』の関係 ……………149
    七、 『砕玉抄』と『百人一首鈔』の異同 ……………150
      〔一〕 『百人一首鈔』の脱落・省略 ……………150
      〔二〕 『砕玉抄』の脱落・省略 …………………152
      〔三〕 その他の異同関係 …………………………152
    八、 『砕玉抄』の位置 …………………………………156
    第五節 まとめ ………………………………………………158
    第四章 如儡子・百人一首注釈書の意義 …………………………161
    第一節 百人一首研究の現状 ………………………………161
    第二節 如儡子の百人一首注釈書 …………………………163
    第三節 如儡子の百人一首注釈書の特徴 …………………165
    一、 歌人配列の特異性 ………………………………165
    二、啓蒙的執筆姿勢 ……………………………………166
    三、如儡子的表現 ………………………………………171
    四、儒教的立脚地 ………………………………………174
    第四節 百人一首注釈書としての意義 ……………………176
      翻刻篇
     『砕玉抄』(武蔵野美術大学美術館・図書館金原文庫所蔵)
      凡例 …………………………………………………………182
      序説 …………………………………………………………183
    1 天智天皇御製 ………………………………………………186
    2 持続天皇 ……………………………………………………189
    3 柿本人丸 ……………………………………………………191
    4 山辺赤人 ……………………………………………………194
    5 中納言家持 …………………………………………………197
    6 安倍仲麿 ……………………………………………………199
    7 参議篁 ………………………………………………………201
    8 猿丸太夫 ……………………………………………………205
    9 中納言行平 …………………………………………………206
    10 在原業平朝臣 ………………………………………………208
    11 藤原敏行 ……………………………………………………210
    12 陽成院御製 …………………………………………………211
    13 小野小町 ……………………………………………………212
    14 喜撰法師 ……………………………………………………218
    15 僧正遍昭 ……………………………………………………219
    16 蝉丸 …………………………………………………………223
    17 河原左太臣 …………………………………………………225
    18 光孝天皇御製 ………………………………………………227
    19 伊勢 …………………………………………………………229
    20 元良親王 ……………………………………………………230
    21 源宗于 ………………………………………………………232
    22 素性法師 ……………………………………………………233
    23 菅家 …………………………………………………………235
    24 壬生忠岑 ……………………………………………………237
    25 凡河内躬恒 …………………………………………………239
    26 紀友則 ………………………………………………………240
    27 文屋康秀 ……………………………………………………241
    28 紀貫之 ………………………………………………………242
    29 坂上是則 ……………………………………………………244
    30 大江千里 ……………………………………………………245
    31 藤原興風 ……………………………………………………247
    32 春道列樹 ……………………………………………………250
    33 清原深養父 …………………………………………………251
    34 貞信公 ………………………………………………………252
    35 三条右太臣 …………………………………………………254
    36 中納言兼輔 …………………………………………………256
    37 参議等 ………………………………………………………257
    38 文屋朝康 ……………………………………………………259
    39 右近 …………………………………………………………260
    40 中納言敦忠 …………………………………………………261
    41 平兼盛 ………………………………………………………262
    42 壬生忠見 ……………………………………………………263
    43 謙徳公…………………………………………………………266
    44 中納言朝忠 …………………………………………………268
    45 清原元輔 ……………………………………………………269
    46 源重之 ………………………………………………………271
    47 曽祢好忠 ……………………………………………………272
    48 大中臣能宣朝臣 ……………………………………………273
    49 藤原義孝 ……………………………………………………274
    50 藤原実方朝臣 ………………………………………………275
    51 藤原道信 ……………………………………………………276
    52 恵慶法師 ……………………………………………………277
    53 三条院御製 …………………………………………………279
    54 儀同三司母 …………………………………………………280
    55 右大将道綱母 ………………………………………………282
    56 能因法師 ……………………………………………………283
    57 良■法師 ……………………………………………………284
    58 西行法師 ……………………………………………………286
    59 大納言公任 …………………………………………………288
    60 清少納言 ……………………………………………………289
    61 和泉式部 ……………………………………………………292
    62 大弐三位 ……………………………………………………292
    63 赤染衛門 ……………………………………………………294
    64 紫式部 ………………………………………………………298
    65 伊勢太輔 ……………………………………………………299
    66 小式部内侍 …………………………………………………300
    67 中納言定頼 …………………………………………………302
    68 周防内侍 ……………………………………………………304
    69 左京太夫道雅 ………………………………………………305
    70 大納言経信 …………………………………………………306
    71 大僧正行尊 …………………………………………………307
    72 中納言匡房 …………………………………………………309
    73 祐子内親王家紀伊 …………………………………………311
    74 相模 …………………………………………………………312
    75 源俊頼朝臣 …………………………………………………313
    76 崇徳院 ………………………………………………………314
    77 待賢門院堀川 ………………………………………………315
    78 法性寺入道前関白大政太臣 ………………………………316
    79 左京太夫顕輔 ………………………………………………317
    80 源兼昌 ………………………………………………………318
    81 藤原基俊 ……………………………………………………320
    82 道因法師 ……………………………………………………322
    83 藤原清輔 ……………………………………………………322
    84 俊恵法師 ……………………………………………………324
    85 後徳大寺左太臣 ……………………………………………325
    86 皇太后宮太夫俊成 …………………………………………326
    87 皇嘉門院別当 ………………………………………………328
    88 殷冨門院太輔 ………………………………………………329
    89 式子内親王 …………………………………………………330
    90 寂蓮法師 ……………………………………………………331 
    91 二条院讃岐 …………………………………………………332
    92 後京極摂政前大政太臣 ……………………………………333
    93 前大僧正慈円 ………………………………………………334
    94 参議雅経 ……………………………………………………335
    95 鎌倉右太臣 …………………………………………………336
    96 正三位家隆 …………………………………………………338
    97 権中納言定家 ………………………………………………339
    98 入道前大政太臣 ……………………………………………340
    99 後鳥羽院御製 ………………………………………………341
    100 順徳院御製 …………………………………………………342
    奥書 ………………………………………………………………343
    あとがき …………………………………………………………347 
    ●如儡子・斎藤親盛は、仮名草子の『可笑記』を書いた。これは、中世の名随筆『徒然草』に倣って、様々な事を書き込んだが、視点を変えてみれば、それは『徒然草』の近世化とも言える。その次に、彼は、日本の和歌の代表作『百人一首』を近世の庶民に、解りやすく紹介しようと考えたらしい。それが、この『砕玉抄』だったようだ。
    ●如儡子が「百人一首」の注釈を書いている以上、私は、これを避けて通れない。門外漢などとは、言ってられない。私は「百人一首」を一から学んだ。昭和女子大学の齋藤彰先生、同志社女子大学の吉海直人先生のアドバイスを頂きながら、何とか、本書をまとめることができた。
    ●本書も、大阪の和泉書院のお世話になったが、何と「百人一首注釈書叢刊 別刊」として出して下さった。島津忠夫先生はじめ、同叢刊の責任編集の諸先生に、感謝申し上げる。

    【67】 仮名草子集成 第49巻 共編
    深沢秋男・伊藤慎吾・入口敦志・中島次郎・柳沢昌紀  編
    2013年3月30日,東京堂出版発行
    A5判 344ページ 18000円+税
    目 次
      例言 凡例 『假名草子集成』で使用する漢字の字体について
    假名草子集成 第四十九巻 
    智恵鑑(万治3年板、10巻10冊、絵入)(承前) ……………………   1
      巻第六 ………………………………………………………………………   3    
      巻第七 ………………………………………………………………………  15 
      巻第八 ………………………………………………………………………  44
      巻第九 ………………………………………………………………………  72
      巻第十 ………………………………………………………………………  92
      解題 …………………………………… 柳沢昌紀 …………………… 287
    竹斎(寛永整版本、2巻2冊、絵入) ……………………………………… 107
      上巻 ………………………………………………………………………… 108
      下巻 ………………………………………………………………………… 136
      解題 …………………………………… 入口敦志 …………………… 310
    寛文板『竹斎』全挿絵(寛文板、4巻4冊、絵入)………………………… 163
      解題 …………………………………… 中島次郎 …………………… 313
    竹斎(奈良絵本、1冊、絵入) ……………………………………………… 179 
      解題 …………………………………… 中島次郎 …………………… 316
    長斎記(写本、1冊) ………………………………………………………… 231
      解題 …………………………………… 伊藤慎吾 …………………… 321
    長者教(古活字版、1巻1冊) ……………………………………………… 261
      解題 …………………………………… 伊藤慎吾 …………………… 326 
    長生のみかど物語(元禄8年板、1巻1冊)………………………………… 269
      解題 …………………………………… 伊藤慎吾 …………………… 332
     第四十八巻『智恵鑑』(巻一〜巻五) 正誤 …… 柳沢昌紀 ……… 337
     編者略歴 ……………………………………………………………………… 338
     写真   ……………………………………………………………………… 339
    ●朝倉治彦先生に依頼されて、この『仮名草子集成』の仕事に参加したのは、昭和64年、平成元年、1989年の、第10巻からである。24年間の長い旅路だった。この、第49巻で、私は引退し、後は若い研究者に継承して頂くことにした。このような、機会を与えて下さった、朝倉治彦先生。また、この地道な仕事を継承して下さる、花田富二夫先生、柳沢昌紀先生はじめ諸先生に対して、心から感謝申し上げます。また、東京堂出版編集部の、松林孝至氏、西哲生氏、菅原洋一氏の各氏に対して、深甚の謝意を表します。

    【68】 浅井了意全集 仮名草子編 5
    浅井了意全集刊行会 編
    本巻責任編集=深沢秋男・入口敦志・湯浅佳子
    翻刻・解題担当=江本裕・花田富二夫・安原眞琴・渡辺守邦
    2015年9月 岩田書院発行
    A5判 440頁、18800円+税
      目 次
    凡  例 …………………………………………………   2
    収録書細目 ………………………………………………   7
     やうきひ物語 ………………… 安原眞琴 ………  15 
     伽婢子 ………………………… 渡辺守邦 ………  61
     狗張子 ………………………… 江本 裕 ……… 303
     解題 …………………………………………………… 421
    やうきひ物語 ……………………… 安原眞琴
    伽婢子 ……………………………… 花田富二夫
    狗張子 ……………………………… 江本  裕
    ●この『浅井了意全集』は、まだ完結していない。しかし、私は、個人的な事情で、この巻をもって、責任編集を辞任させて頂いた。この有意義な全集が早期に完結することを切に念じている。

    ●ところで、この、68冊で、現在までに、私が関与した出版物は終わりである。
    この仕事が、多いか、少ないか、意義はあるか、無いか、評価は分かれると思う。いずれにしても、私には、研究生活を通して、これだけのことが出来たのであり、これだけの事しか出来なかったのは事実である。重友毅先生、長澤規矩也先生、横山重先生は、何と仰るか、それも判らない。
    ●これらの本の出版には、非常に多くの方々の御指導、御援助があった。改めて心から御礼申し上げます。
    平成30年、2018年、2月14日  深沢秋男