『芸文稿』第9号 発行

2016.07.14 Thursday

0
    ●本日、『芸文稿』第9号が届いた。この号の内容は
    次の通り。

    『芸文稿』第9号(平成28年7月 発行)

    目  次

    ○千代倉東店 俳諧等文書(下)…………………… 松本 節子
                            小林  孔
                            竹内千代子
                            高井 悠子

    ○丹波黒井城下の近衛前久自筆自詠和歌 ………… 安藤 武彦

    ○如儡子の『堪忍記』(下)………………………… 深沢 秋男

    ○『源氏物語』鑑賞(その八)……………………… 田中  宏

    ○野間道場あれこれ(その七)……………………… 田中  宏

    ○連歌稿 ………………………………………… 連歌を楽しむ会

    ○原田康子作『挽歌』を読む ……………………… 安藤 武彦

    ○自著紹介『仮名草子の文学的研究』 …………… 田中  宏

    ●まだ、全体の内容を読んでいないが、この号も、充実したものと思う。第8号から、安藤武彦氏、松本節子氏、小林孔氏の御尽力で、継続刊行してもらっている。有り難いことである。
    ●この号の拙論は、前号に続いて、如儡子の『堪忍記』について論じた。この論は、既に平成元年〜3年に発表したものであるが、その後、諸氏の論が出されて、拙論への疑問も提出されたので、それらを踏まえて、最終的な見解を述べた。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


    如儡子の『堪忍記』(下)     深沢秋男    
            
    目次
    一、『梅花軒随筆』の記述と森銑三氏の研究 
     二、『世臣伝』の記録と漆間瑞雄氏の研究  
    三、野間光辰氏の研究          
     四、金井圓氏の研究           
    五、若尾政希氏の研究           
    六、深沢秋男の研究   
     〔一〕、松平文庫本『堪忍記』
    1、 書誌
    2、 本文 (省略)
    3、 収録藩主一覧
    4、 成立時期
    5、 編著者
    6、 時代背景――批評の時代―― (以上、第8号)
      〔二〕、内閣文庫本(和学講談所本・昌平坂学問所本)
    1、 書誌                 
     2、本文 (省略)            
        3、収録藩主一覧             
    「収録藩主一覧」注           
    4、 和学講談所本と昌平坂学問所本の本文異同
    5、 成立時期               
    6、 内閣文庫本の江戸屋敷と江戸図     
    7、 諸藩江戸屋敷一覧           
    8、 内閣文庫本の序について        
      〔三〕、松平文庫本と内閣文庫本
    1、 松平文庫本に収録されていないもの   
    2、 内閣文庫本に収録されていないもの   
    3、 藩名の変わったもの          
    4、 代の変わったもの           
    5、 藩名無表示のもの              
    6、 石高無表示のもの              
    7、 配列順の異同                
    8、 内容の相違                 
    9、 松平文庫本・内閣文庫本の原本        
    〔四〕一橋大学関係者の研究について        
    七、まとめ

    ■『芸文稿』第9号