鈴木重嶺墓参

2017.06.13 Tuesday

0
    ●一昨日、教え子の乃村博子さんが、新大久保の全龍寺へ行き、鈴木重嶺のお墓にお参りして、副住職様に挨拶して下さった、と、副住職様のお言葉も伝えて下さった。乃村さんは、昭和女子大学図書館に勤務していたが、図書館学の大学院に進まれ、見事な修士論文をまとめられた。
    ●人見楠郎先生は、卒業生に対して、そのおかれた立場立場で、日々研鑽することを奨励された。日々、研究を重ねられ、事務職員から研究職に移られた方々も少なくない。乃村さんは、その一人である。昭和女子大学を退職後も、多くの資格を取得している事が求められて、現在も、なお、都内の高校の非常勤講師として、多くの高校生を指導しておられる。人見先生の望まれた、生き方ではないか、そのように、私は思う。
    ●出来うることならば、昭和女子大学図書館に所蔵されている「翠園文庫」の貴重な資料の研究を継承して欲しかったが、それは望めないことであった。これが、1回きりの、人の世の廻り合せであろう。
    ●ネット上の、鈴木重嶺の墓には、多くの花が捧げられている。私も、今、外出は出来ないが、ネット上の翠園のお墓には、お線香を上げている。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    ■2017.02.02 ID:173169 ×
    深沢秋男
    今日、窪田清音の研究者から、鈴木重嶺と小栗上野介の交わした言葉についての質問が寄せられた。幕末維新を生きた人々の生き方を思う。

    ■2017.01.24 ID:172346 ×
    深沢秋男
    私以外に、献花してくれた方がありました。嬉しいことです。

    ■2015.07.14 ID:143931
    akio fukasawa
    先日、教え子の乃村さんが、お墓にお参りして下さいました。奇麗な花をお供えし、顕彰会が建てた案内標識もきれいにして下さいました。

    ■2014.09.06 ID:134338
    akiofukasawa
    本日、教え子のNさんとSさんが、全龍寺のお墓にお参りしてくれました。御住職様もお元気だったそうです。

    ■2013.11.04 ID:90442
    akiofukasawa
    新大久保の菩提寺・全龍寺の墓所には、「鈴木重嶺顕彰会」によって、翠園の顕彰案内標識が建てられました。佐渡市教育委員会・法政大学名誉教授・村上直、昭和女子大学名誉教授深沢秋男、によるものです。

    ■2013.11.03 ID:90429
    akiofukasawa
    鈴木重嶺関係資料は「翠園文庫」として昭和女子大学図書館に所蔵され、永久保存されます。旧派歌人として伝えられるでしょう。
    2013.11.02 ID:90407
    深沢秋男
    御子孫の松本誠先生との関係で、最後の佐渡奉行・鈴木重嶺に巡り会いました。優れた幕臣としての働きと、歌人としての活躍に敬意を捧げます。

    ■2013.11.02 ID:90403
    お悔やみ申し上げます

    ■■鈴木重嶺(翠園)さんのお墓について
    全龍寺、曹洞宗
    新宿区大久保1−16−15
    墓所には、鈴木重嶺顕彰会の設置した案内板がある。

    ■鈴木重嶺之墓 平成29年6月9日 乃村博子氏撮影


    ■ネット上の鈴木重嶺の墓