〔江戸連〕の今

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 06:33
〔江戸連〕 の今

●今日、たまたま、〔江戸連〕を久しぶりに検索したら、運営メンバーが出ていた。実に懐かしい。私は、もう、かなり前に、この会で、井関隆子のことをお話しした。その後の懇親会にも出させてもらって、楽しいひと時を頂いた。その時、お世話をして下さった、圓山稔氏が、現在、代表理事である。

●花柳寿々方さんも、頑張っておられる。寿々方さんは、井関隆子を語れないかと模索して下さったが、結果は無理だった。

●江戸の文化を愛する人々の情熱は、何時までも消えない。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。

運営メンバー

圓山稔(代表理事)

代表理事の圓山謡拙です。これまで江戸連の講企画を10年程担当してきました。江戸好きが高じて、江戸文化歴史検定1級を取得したり、古文書に熱中したりしています。「江戸文化の秘訣は『連』にある」というのが持論で、「江戸連」という看板に恥じないような会にしていきたいと思っています。

白石徹(事務局長)

九州小倉の生まれ。転勤で東京・大阪・名古屋・福岡を移動、さらにインドネシアで4年2回、計8年勤務。其処での経験から、家内が「じゃがたらお春の消息」他の本を出版した関係で、長崎楽会・江戸連・オランダ友好協会他の会に所属。退職後やることのない私は「濡れ落ち葉」の如く彼女の後について回り、何故か今や江戸連事

寿々方(理事)

東京神田の商店の二女として生まれました。6歳より人間国宝・故花柳寿楽師に師事。芸名花柳寿々方として、舞台、テレビ、海外公演、リサイタルと前半は舞踊一筋の世界でした。その後体調不良につき舞踊から身をひきます。
私の稽古場が狂言師、故茂山千之丞師の東京稽古場であったことから、狂言を教えて頂きました。そんな前歴をベースに、舞台語り「江戸がたり」を始めました。最近は語りを活かして、大人むけの紙芝居を施設のデイサービスで、ボランティアしております。


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM