『武士の仕事』山本博文 著

2019.02.20 Wednesday

0
    『武士の仕事』 山本博文 著

    『武士の仕事』 山本博文 著
    2018年11月10日 初版発行
    2019年1月20日 再版発行

    目次

    はじめに――松平定信の登場 

    第一章 政権交代――松平定信と田沼意次 
     一 吉宗の血をひく貴公子――松平定信
     二 地に落ちた権力者――田沼意次 

    第二章 老中たちの評判
     一 賄賂で老中になった名門大名――阿部正倫 
     二 温厚、何の害もこれ無く――松平康福 
     三 心得違いを反省――水野忠友 
     四 真っ先に登用された若手の俊秀――松平信明 
     五 下馬評の正確さ――的中する老中人事 

    第三章 幕閣大名の生態 
     一 側用人から老中格へ――本多忠籌
     二 次代を担う若年寄――堀田正敦 
     三 刀を忘れて自ら謹慎――京極高久 9
     四 将来を嘱望された寺社奉行――脇坂安董 
     五 出世を厭う坊ちゃん育ちの大名――井上正国

    第四章 町奉行の勤務ぶり
     一 失言で左遷――曲淵景漸 
     二 町方から馬鹿にされた町奉行――柳生久通
     三 天国から地獄へ――初鹿野信興 
     四 萎縮した金太郎侍――池田長恵

    第五章 勘定奉行と勘定所役人 
     一 御三卿・清水家を改革――柘植正寔
     二 型破りの豪傑――根岸鎮衛 
     三 御城が家より好き――柳生久通 
     四 人々が感服する能吏――久世広民 
     五 上をだます勘定吟味役――佐久間茂之 

    第六章 江戸の機動隊、火付盗賊改 
     一 母のために昇進を厭うーー堀帯刀
     二 江戸町人に大人気――長谷川平蔵
     三 定信との関係を自慢する自信家――松平左金吾
     四 平蔵の毒気に当てられる――太田資同

    終 章 松平定信の退場 

    付表・諸役職就任者 
    参考文献 
    あとがき 
    。。。。。。。。。。。

     『よしの冊子』は書状や日記のような一次史料ではないが、同時代の噂を書き留めたものだから、裏が取れれば一次史料に准ずる信頼できる史料となる。本書を読んでいただくと、これまで名前だけ覚えていたような、あるいは名前も知らないような幕閣や役人が、まるで自分の近くにいる人物のような気がしてくると思う。実際、私も、『よしの冊子』を読みながら、そう感じたのである。
     歴史小説や歴史ドラマでは、歴史上の人物の人物像がよく描かれている。読者が歴史に学ぼうとするのは、そういう理想的な人物の行動である。しかし、小説やドラマである限り、あくまでそれはフィクションの世界のものである。それに対して本書は、歴史上の人物をありのままに描いている。そのため、重要な歴史的役割を果たした人物も、出世欲があり、保身に走り、家庭の悩みもある一個の人間として浮かび上がってくる。本書を通して、歴史における人物研究のおもしろさを感じていただければ幸いである。
                          平成三十年十月
                              山本博文  【あとがき より】
    。。。。。。。。。。。。

    ●本書を読んで、本当に教えられる点が多かった。松平定信は、江戸時代の余りに有名な政治家で、それなりの理解をして、イメージを抱いていた。しかし、本書の紹介する『よしの冊子』の記録を読んで、もっと具体的に、その人物を確認することが出来た。
    ●幕末の旗本の主婦、井関隆子の日記を読んでいて、水野忠邦と松平定信の比較が面白かった。隆子は『神代のいましめ』という創作を書いている。そのモデルが、松平定信か、水野忠邦か、という点で、新田孝子氏と私で、意見が分かれた。思い出すと、懐かしい。