日本三大急流

  • 2020.07.05 Sunday
  • 13:26
。。。。。。。。。。。。。
 
日本三大急流は、山形県の最上川、熊本県の球磨川、そして長野県・山梨県・静岡県を流れる富士川が日本三大急流となっています。いずれの川も1級河川として国に管理され、標高の高い山中に源流部を持ち、長い距離を流れ太平洋や日本海に流れ込みます。同程度の1級河川は全国にたくさんありますが、流れの速い急流箇所のルートが多くなっているのが最上川・球磨川・富士川です。三大急流は、古くからその速い流れを観光に利用している歴史があります。三大急流は、その川のすべてが速い流れではなく、緩い流れの部分もあります。(この記事は、2019年6月1日現在の情報にもとずいて書かれています。) 【ネット情報 より】

。。。。。。。。。。。。。

●今、熊本県の球磨川の氾濫で、痛ましいニュースが゛報じられている。

●私の出身の山梨県身延町も、富士川が流れている。私の実家は、目の前が富士川で、私が大学一年の頃、大水害に見舞われ、富士川沿いの家がごっそり流された。その家には、私が高校生の頃、読んだ、日本文学全集、世界文学全集などが保存されていたが、全部流された。長姉が、その折、私の、小学生、中学生、高校生の頃の成績表などはは持ち出して、東京へ送ってくれた。

●現在は、堤防が嵩上げされて、ほぼ、水害は無いようだが、少し下流で、大きく左に曲がっていて、そこは、飯富であるが、自然の驚異は計り知れない。絶対、大丈夫、とは言えないだろう。



スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 13:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする