『昭和女子大学図書館70年の歩み』

  • 2020.06.03 Wednesday
  • 00:28
『昭和女子大学図書館70年の歩み』

●今日、昭和女子大学図書館から、『・・・70年の歩み』に関して、案内のメールがあった。私は、この記念図集が、図書館のHPにアップされた時、既に拝見していた。今日、改めて拝見し、見事な図録集である。

●私の関与した〔桜山文庫〕〔翠園文庫〕も、懐かしい写真に出会えて、とても嬉しい。二つの文庫の移管に関しては、私は、大変な苦労をした。しかし、その真価が明らかになるのは、100年後、200年後だと思っていた。今回、部分的な点に限定されているとは言え、こんなに早く公表されて、本当に嬉しい。

●この2つの文庫は、実は、内容面でも、価値がある。評価する力量の無い御仁は、軽々しく対応したが、そんな文庫では無い。私が死んで、この世に居なくなった頃、100年後、200年後、真価を発揮するだろうと思う。その資料の価値が解る研究者に出会った時、光り輝く。資料とは、そういうものだと思う。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

●昭和女子大学図書館から『・・・70年の歩み』が発行された。2019年11月3日発行。ネットで拝見したが、充実した内容である。人見圓吉先生の集書から始まって、多くの関係者の協力によって現在の図書館まで充実発展してきた。

●私は、現役の頃、近代文庫の書庫に入れて頂き、書架の書籍・雑誌に圧倒された。オリジナルの書籍・雑誌に時間を忘れて2時間を過ごした。人見圓吉先生は、詩人であるが、研究者としても、また教育者としても、尊敬すべき存在である。

●私は、特殊文庫の〔桜山文庫〕と〔翠園文庫〕に関与した。有難い出会いであった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。
















スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 00:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする