武漢 新型コロナウイルス

  • 2020.01.30 Thursday
  • 09:06
武漢 新型コロナウイルス

●中国、武漢で発生した、新型コロナウイルス、感染者は5974名、死者153名になった。感染者の国も、中国以外に、日本、香港、マカオ、台湾、韓国、タイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、ネパール、オーストラリア、アメリカ、フランス、カナダ、カンボジア、ドイツ、スリランカ、アラブ首長国連邦、と世界各国に及んでいる。新しいウイルスの挑戦と、人類の戦いでもある。

●私が、世界諸国へ遊びの旅行をした頃とは異なり、世界各国の交流が活発になり、人類は、このような、伝染病に対しても、ネット情報を駆使して、国際的に対応することになる。

●私は、1994年、中国へ旅行した。昭和女子大学の、人見楠郎先生、原田親貞先生を中心とする、77名の旅行だった。
上海、上海交通大学、杭州、杭州大学、西湖、霊隠寺、西安、華清池、兵馬俑、始皇帝陵、半坡遺跡、大雁塔、青龍寺、興慶宮公園、陝西歴史博物館、碑林、鐘楼、鼓楼、洛陽、龍門石窟、白馬寺、洛陽博物館、北京、天安門広場、故宮、明の十三陵、万里の長城、天壇公園、頤和園。

●12日間の中国旅行であった。今、思い出しても、一つ一つの文化が、鮮やかに蘇る。26年前の中国は、日本の我々の生活から考えると、大変な落差があった。しかし、私は、中国の、長大な歴史が刻む文化に圧倒されて、日本など、中国に比べたら、ケシつぶ のようなものだと学んだ。

●今は、人見先生も、原田先生も、大西先生も、おられない。先生方の御配慮で、中国文化の偉大さを学んだ。そして、それが、近世文学を研究する私には、大きな示唆を与えてくれた。

■上海交通大学図書館の前で



スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 09:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする