〔仮名草子作品  佑行

  • 2019.11.01 Friday
  • 07:13

●11月は仮名草子から始まった。60年前、私が仮名草子研究に着手した頃、仮名草子作品は、およそ、175作品であった。その分類表を壁に貼って、研究を続けた。しかし、その後、研究も進み、約300作品となった。私は、仮名草子研究文献目録の作成に時間を使った。その成果が、『仮名草子研究文献目録』(和泉書院)である。

・・・・・・・・・・・・・・

〔仮名草子作品  諭,行


●この一覧表は、深沢秋男・菊池真一編の『仮名草子研究文献目録』に拠ったものである。正確には、この本で確認して欲しい。  
  2019年11月1日


〔あ〕


赤烏帽子
1徳川文芸類聚・12・評判記 山田安栄・本居清造・伊藤千可良・岩橋小弥太 校 大正3年(昭和45年復刻)。
2歌舞伎評判記集成・1 歌舞伎評判記研究会編 昭和47年。 
3江戸春秋・1 昭和51年7月。

あかし物語
→女五経(おんなごきょう)。

秋寝覚
1仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年

秋の夜の友
1噺本大系・4 武藤禎夫・岡雅彦編 昭和51年

あくた物語
1仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。

浅井物語
1国史叢書・越後軍記外 国史研究会 大正3年〜9年。
2仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。

浅草物語
1東横国文・10 坂巻甲太・村野享子 昭和52年12月。
2仮名草子新攷 坂巻甲太著 昭和53年。 
3仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。

芦分船(大坂鑑)
1続々群書類従・8 黒川真道・堀田璋左右・渡辺魁校 明治39年 (昭和45年復 刻)。
2〔複〕難波蘆分船 大正13年。
3浪速叢書・12 船越政一郎編纂校訂 昭和2年。
4〔複〕近世文学資料類従・古板地誌編・18 島田勇雄解題 昭和51年。
5仮名草子集成・11 朝倉治彦・深沢秋男編 平成2年。

飛鳥川
1日本哲学全書・7(抄) 井上哲次郎・小柳司気太・高楠順次郎・富士川游監修  三枝博音編 昭和11年。
2仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。

愛宕山物語
1仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。

あだ物かたり
1近世文芸叢書・3・小説1 饗庭篁村緒言 早川純三郎篇 神戸龍治・文伝正興 校 明治43年(昭和51年復刻)。
2近代日本文学大系・1・仮名草子集 笹川種郎解題 昭和3年。
3〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・14 渡辺守邦解題 昭和49年。

あづまめぐり
→色音論(しきおんろん)。

あづま物語
1〔謄〕珍書保存会叢書 珍書保存会 大正6年〜昭和4年。
2近世文芸叢書・10・風俗 難波常雄・田口重男・文伝正興校 明治44年。
3古典文庫・71 東明雅解説校訂 昭和28年。
4江戸前期輪講(部分) 三田村鳶魚編 林若樹・三田村鳶魚・木村仙秀・松本亀松 出席 昭和35年。
5〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・19 小野晋解説 昭和49年。
6仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。

安倍晴明物語
1仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。

天草物語
→島原記(しまばらき)

尼物がたり
→七人比丘尼(しちにんびくに)

雨夜の友
→小さかづき。

雨夜物語
1三十輻・2 斎藤松太郎・古賀彦次郎校 大正6年。
→藻屑物語(もくずものがたり)。

あみだはだか物語
1校訂箋註禅門法語全集・8 明治28年〜30年。
2一休和尚全集(上巻のみ) 森慶造校訂 明治31年。
3仮名草子集成・1 朝倉治彦編 昭和55年。
4〈複〉仮名草子集 早稲田大学出版部 平成6年。

あやしぐさ(霊怪艸)
1〔複〕近世文芸資料・3・近世怪異小説(部分) 吉田幸一編 昭和30年。
2翻刻・〔複〕古典文庫・四八三 長谷川強編 昭和62年。

有馬小鑑抄
→有馬名所鑑(ありまめいしょかがみ)

有馬名所鑑
1近世文芸叢書・2・名所記・2 国書刊行会編 明治43年(昭和51年復刻)。
2〔複〕近世文学資料類従・古板地誌編・21 森川昭解説 昭和50年。

有馬山名所記
1〔複〕近世文学資料類従・古板地誌編・21 森川昭解説 昭和50年。
2仮名草子集成・10 朝倉治彦・深沢秋男編 平成元年。

案内者
1民間風俗年中行事 国書刊行会 大正5年(昭和45年復刻)。
2〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・9 岡雅彦解題 昭和48年。
3仮名草子集成・2 朝倉治彦編 昭和56年。


〔い〕


為愚痴物語
1徳川文芸類聚・2・教訓小説 朝倉無声例言 山田安栄・伊藤千可良・岩橋小弥 太校 大正3年(昭和45年復刻)。
2古典文庫・82(抄) 朝倉治彦校訂解説 昭和29年。
3〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・32・33 田中伸・金井康解題 昭和52年。
4仮名草子集成・2 朝倉治彦編 昭和56年。

異国物語
1〔複〕仮名草子集成・4 朝倉治彦編 昭和58年。
2〔複〕古典文庫・588 吉田幸一編 平成7年。

石山退去録
1日本歴史文庫・3 明治44年〜大正2年。
2軍記と語り物・17 白石良校訂 昭和56年3月。
3〔複〕龍谷大学図書館蔵石山退去録 関西大学中世文学研究会編 昭和61年。

石山寺入相鐘
1跡見学園女子大学紀要・11 小川武彦校訂解題 昭和53年3月。
2仮名草子集成・2 朝倉治彦編 昭和56年。
3〈複〉仮名草子集 早稲田大学出版部 平成6年。

為人鈔(今昔智雄鑑)
1日本随筆大成・3期・11・翁草(抄) 昭和6年(昭和53年再版は20巻)。
2翁草 昭和45年。
3仮名草子集成・5 朝倉治彦編 昭和59年。

医世物語
1仮名草子集成・2 朝倉治彦編 昭和56年。

伊勢物語ひら言葉(業平昔物語)
1近世文芸叢書・7・擬物語 早川純三郎編 難波常雄・田口重男・文伝正興校  明治44年(昭和51年復刻)。

伊曽保物語
1日本教育文庫・4・訓誠篇下 黒川真道編 黒川真道・小滝淳校 明治43年(昭 和51年復刻)。
2十銭文庫。 明治44年
3文明源流叢書・1 早川純三郎編 山田安栄・伊藤千可良・岩橋小弥太校 大正 2年。
4〔複〕稀書複製会叢書・4期 大正7年〜昭和17年。
5南蛮文庫。
6近代日本文学大系・1・仮名草子集 笹川種郎解題 昭和3年。
7文禄旧訳・天草本伊曽保物語 新村出校注。
8岩波文庫(天草本) 新村出解説校訂 昭和14年。
9日本古典全書・吉利支丹文学集下 新村出・柊源一校注 昭和35年。
10文禄二年耶蘇会版伊曽保物語 京都大学国語学国文学研究室編 昭和38年。
11日本古典文学大系・90・仮名草子集(古活字版) 森田武解説校注 昭和40年。
12角川文庫(キリシタン版・エソポ物語、古活字本・伊曽保物語) 大塚光信校注  昭和46年。
13〔複〕岩崎文庫貴重本叢刊・近世編・2・仮名草子 東洋文庫・日本古典文学会 編、市古貞次解説 昭和49年。
14〔複〕勉誠社文庫・13(古活字版) 中川芳雄解題 昭和51年。
15〔複〕勉誠社文庫・3(天草版) 福島邦道解説 昭和51年。
16仮名草子集成・2(古活字版) 朝倉治彦編 昭和56年。
17仮名草子集成・3(寛永古活字版・寛永十六年古活字版・万治二年版) 朝倉治彦 編 昭和57年。
18邦訳二種伊曽保物語の原典的研究 正編 遠藤潤一著 昭和58年。
19古活字版伊曽保物語・大学古典叢書・7 飯野純英校訂・小堀桂一郎解説 昭和 61年。
20伊曽保物語第二種本の翻刻と本文研究 遠藤潤一著 平成5年。
21岩波文庫(万治絵入本) 武藤禎夫校注 平成12年。

一休骸骨(骸骨)
1一休和尚全集 森慶造校訂 明治31年。
2高僧名著全集・16。
3禅学名著集。
4校補点註・禅門法語集・上 大正10年。
5〔複〕一休がいこつ 龍谷大学出版部 大正13年。
6国民思想叢書・11・文芸篇 加藤熊一郎編 昭和5年。
7近世文学資料類従・仮名草子編・10 田中伸解題 昭和48年。

一休関東咄
1近世文芸叢書・6・笑話 早川純三郎編 神戸龍治・野沢富恵校 明治44年(昭 和51年復刻)。
2滑稽文学全集・9 古谷知新編 大正7年。
3噺本大系・3 武藤禎夫・岡雅彦編 昭和51年。
4仮名草子集成・3 朝倉治彦編 昭和57年。
5一休ばなし集成 三瓶達司・禅文化研究所編 平成5年。

一休品物語
→見ぬ京物語(みぬきょうものがたり)。

一休諸国物語
1噺本大系・3 武藤禎夫・岡雅彦編 昭和51年。
2仮名草子集成・3 朝倉治彦編 昭和57年。
3一休ばなし集成 三瓶達司・禅文化研究所編 平成5年。

一休杉楊枝
→杉楊枝(すぎようじ)。

一休ばなし
1近世文芸叢書・6・笑話 早川純三郎編 神戸龍治・野沢富恵校 明治44年(昭 和51年復刻)。
2新編 日本古典文学全集 64『仮名草子集』 岡雅彦 校注・訳 平成11年。
2有朋堂文庫 三浦理編 武笠三校訂 大正4年。
3滑稽文学全集・8 古谷知新編 大正7年。
4国文東方仏教叢書1輯・9・文芸上 大正14年〜昭和8年。
5噺本大系・3 武藤禎夫・岡雅彦編 昭和51年。
6仮名草子集成・3 朝倉治彦編 昭和57年。
7新日本古典文学大系・74・仮名草子集 渡辺守邦・渡辺憲司校注 平成3年。
8一休ばなし集成 三瓶達司・禅文化研究所編 平成5年。

一休水鏡
1一休和尚全集 森慶造校訂 明治31年。
2有朋堂文庫・禅林法話集 明治44年〜大正5年。
3〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・10 田中伸解題 昭和48年。
4〔複〕岩崎文庫貴重本叢刊・近世編・2・仮名草子 東洋文庫・日本古典文学会 編 市古貞次解題 昭利49年。
5〔複〕大東急記念文庫善本叢刊・1・仮名草子集 中村幸彦解題 昭和51年。
6仮名草子集成・5 朝倉治彦編 昭和59年。

いな物
1〔複〕近世文芸叢刊・2・仮名草子集 野間光辰監修 金井寅之助・松田修・村 田穆編輯解題 昭和45年。
2仮名草子集成・5 朝倉治彦編 昭和59年。

犬著聞集
1(写本・抜書)仮名草子集成・29 朝倉治彦編 平成13年。

犬つれづれ
1江戸時代文芸資料・4 石川巌緒言 伊藤千可良・斎藤松太郎・井上直弘校 大 正7年(昭和39年復刻)。
2仮名草子集成・4 朝倉治彦編 昭和58年。

狗張子(仙術犬はりこ)
1徳川文芸類聚・4・怪談小説集 朝倉無声例言 大正4年(昭和45年復刻)。
2近代日本文学大系・13・怪異小説集 笹川種郎解題 昭和2年。
3日本名著全集・10・怪談名作集 山口剛解説 昭和2年。
4古典文庫(現代思潮社) 神郡周校注 昭和55年。
5仮名草子集成・4 朝倉治彦編 昭和58年。

犬方丈記
1近世文芸叢書・7・擬物語 早川純三郎編 難波常雄・田口重男・文伝正興校  明治44年(昭和51年復刻)。
2仮名草子集成・4 朝倉治彦編 昭和58年。

犬枕
1国語国文・8の4 杉浦正一郎解題校訂 昭和13年4月。
2日本古典文学大系・90・仮名草子集 前田金五郎校注 昭和40年。
3〔複〕ビブリア・55 木村三四吾解説(古活字本を基準とする項目排列順対照表 を付す) 昭和58年10月。
4〔複〕(いぬまくら・犬枕 并 狂歌) 天理図書館善本叢書・64 なぞ・狂歌・ 咄の本 鈴木棠三解題 昭和59年。
5(犬枕 并 狂歌・犬枕・いぬまくら・犬まくら)仮名草子集成・5 朝倉治彦 編 昭和59年。

今長者物語
1古典文庫・82 朝倉治彦解説校訂 昭和29年。
2仮名草子集成・5 朝倉治彦編 昭和59年。

色物語
1翻刻〔複〕古典文庫・一三七・仮名草子集男色物 朝倉治彦解説校訂 昭和33年。
2〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・37 小川武彦解題 昭和53年。
3仮名草子集成・4 朝倉治彦編 昭和58年。

岩つゝじ
1三十輻・1 斎藤松太郎・古賀彦太郎校 大正6年。
2花街風俗叢書・7 昭和6年。
3未刊珍本集成・1 蘇武緑郎等編 昭和8年。
4〔複〕北村季吟古注釈集成・別6 昭和55年。
5仮名草子集成・5 朝倉治彦編 昭和59年。

因果物語
1袖珍名著文庫・44 明治36年〜大正1年。
2〔複〕古典文庫・一八二(平仮名本) 同・一八五(片仮名本) 吉田幸一編 昭 和37年。
3鈴木正三道人全集 鈴木鉄心編 昭和50年。
4仮名草子集成・4(平仮名本・片仮名本) 朝倉治彦編 昭和58年。

陰山茗話
1(写本・抄)仮名草子集成・29 平成13年。


【う】


魚の歌合
1〔複〕稀書複製会叢書・4期 大正15年。
2近世文芸資料・12・長嘯子全集・1 吉田幸一編 昭和47年。
3〔複〕近世文学資料類従・狂歌編・5 森川昭解題 昭和53年。

→四しやうの歌合。

うかれはなし
1〔複〕未刊軽口咄本集・上(近世文芸資料・14) 武藤禎夫編 昭和51年。
2〔翻刻〕未刊軽口咄本集・下(近世文芸資料・14) 武藤禎夫編 昭和51年。

宇喜蔵主古今咄揃
1噺本大系・5 武藤禎夫・岡雅彦編 昭和50年。

浮雲物語
1仮名草子の研究 田中伸著 昭和49年。
2仮名草子集成・6 朝倉治彦編 昭和60年。

浮世ばなし
→浮世物語。

浮世物語(浮世ばなし・続可笑記)
1徳川文芸類聚・2 朝倉無声例言 山田安栄・伊藤千可良・岩橋小弥太校 大正 3年。
2日本古典文学大系・90・仮名草子集 前田金五郎校注 昭和40年。
3日本古典文学全集・37・仮名草子集・浮世草子集 谷脇理史校注訳 昭和46年。
4〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・12(浮世ばなし) 深沢秋男解題 昭和47 年。
5仮名草子集成・6 朝倉治彦編 昭和60年。
6新編 日本古典文学全集 64『仮名草子集』 谷脇理史 校注・訳 平成11年。

うしかひ草
1仮名草子集成・6 朝倉治彦編 昭和60年。

うすぐも恋物語(薄雲物語)
1近世文芸叢書・3・小説1 饗庭篁村緒言 早川純三郎編 神戸龍治・文伝正興 校 明治43年。
2近世文芸資料・7・初期仮名草子集 横山重・森武之助編 昭和34年。
3〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・14 渡辺守邦解題 昭和49年。
4仮名草子集成・6 朝倉治彦編 昭和60年。

薄雲物語
→うすぐも恋物語。

薄雪物語
1近世文芸叢書・3・小説・1 饗庭篁村緒言 早川純三郎編 神戸龍治・文伝正 興校 明治43年。
2近代日本文学大系・1 笹川種郎解題 昭和3年。
3日本古典全書・仮名草子集・上 野田寿雄校注 昭和35年。
4〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・13 渡辺守邦解題 昭和48年。
5薄雪物語・新薄雪物語 菊池真一編 昭和58年。
6翻刻〔複〕仮名草子集成・6 朝倉治彦編 昭和60年。
7恨の介・薄雪物語 菊池真一編 平成6年。

むもれき
1江戸文学研究 藤井乙男著 大正10年。

現物語
1ノートルダム清心女子大学紀要・国語国文学編・通巻25号 広嶋進校訂 平成4 年。

恨の介(くずの恨の介)
1近世文芸叢書・3・小説・1 饗庭篁村緒言 早川純三郎編 神戸龍治・文伝正 興校 明治43年。
2近代日本文学大系・1 笹川種郎解題 昭和3年。
3近世文芸資料・7・近世初期仮名草子集 横山重・森武之助編 昭和34年。
4日本古典全書・仮名草子集・上 野田寿雄校注 昭和35年。
5日本古典文学大系・90・仮名草子集 前田金五郎校注 昭和40年。
6〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・20 東明雅解題 昭和48年。
7国語学論集・2(本文及び総索引) 藤掛和美校訂 昭和55年。
8要注恨の介 野田寿雄編 昭和57年。
9仮名草子集成・6 朝倉治彦編 昭和60年。
10恨の介・薄雪物語 菊池真一編 平成6年。


【え】


江戸雀
1近世文芸叢書・1・名所記・1 国書刊行会編 明治43年(昭和51年復刻)。
2江戸叢書・5・6 大正5年〜6年。
3日本随筆大成・2期・5(昭和49年の復刻では10) 関根正直・和田英松・田辺 勝哉監修 昭和3年。
4〔複〕近世文学資料類従・古板地誌編・9 深沢秋男解題 昭和50年。

江戸名所記
1続々群書類従・8 黒川真道・堀田璋左右・渡辺魁校 明治39年(昭和42年復 刻)。
2江戸叢書・2 大正5年〜6年。
3〔複〕稀書複製会叢書・10期 昭和11年。
4改造文庫・2−四七〇 守随憲治解題校訂 昭和15年。
5江戸名所記 朝倉治彦校注 昭和51年。
6〔複〕近世文学資料類従・古板地誌編・8 市古夏生解題 昭和52年。
7日本名所風俗図会・3 朝倉治彦校注 昭和54年。
8仮名草子集成・7 朝倉治彦編 昭和61年。

江戸物語
→慶長見聞集(けいちょうけんもんしゅう)。

絵本北条五代記
→北条五代記。

ゑもん桜物語(武蔵国柏木右衛門桜物語・柏木右衛門桜物語)
1専修国文・9(前)・10(後) 前田金五郎解題校訂 昭和46年1月・9月。
2〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・14 渡辺守邦解題 昭和49年。
3仮名草子集成・7 朝倉治彦編 昭和61年。

役行者縁起
→葛城物語(かずらぎものがたり)。


【お】


おあん物語
1女流文学全集・1 古谷知新編 大正7年。
2岩波文庫 中村通夫・湯沢幸吉郎校訂 昭和18年。
3〔複〕おあむ物語用語索引 小林祥次郎編 昭和43年。
4日本庶民生活史料集成・8 昭和44年。
5国語通信・一七四
6〔複〕(2本)おあん物語・おきく物語・理慶尼の記−本文と総索引− 菊池真一 編 昭和62年。

奥羽軍記
→奥羽軍志。

奥羽軍志(奥羽軍記)
1仙台叢書・1 大槻文彦序 鈴木省三編 大正11年。

奥州後三年記
1日本歴史文庫・4 明治45年。

鸚鵡新徒然草
→ひそめ草。

大坂鑑
→芦分船(あしわけぶね)。

大坂物語
1日本歴史文庫・2 明治44年。
2続国民文庫・6・雑史集 明治45年〜大正2年。
3〔複〕大東急記念文庫善本叢刊・近世編・1・仮名草子集 中村幸彦編 昭和51 年。
4ビブリア・82(写本) 青木晃校訂 昭和59年5月。
5〔複〕仮名草子集成・8 朝倉治彦編 昭和62年。
6仮名草子集成・9 朝倉治彦編 昭和63年(古活字版、第一種・第三種・第四種・
第五種・第六種、寛永整版、正保整版挿絵)。
7畿内戦国軍記集(写本、影印・翻刻。青木晃校訂解題) 平成元年。
8仮名草子集成・11 朝倉治彦・深沢秋男編 平成2年(古活字版、第二種、菊池 真一校訂解題。写本、青木晃校訂解題)。
9新日本古典文学大系・仮名草子集 渡辺守邦・渡辺憲司校注 平成3年。

おきく物語
1岩波文庫 中村通夫・湯沢幸吉郎校訂 昭和18年。
2〔複〕おあん物語・おきく物語・理慶尼の記−本文と総索引− 菊池真一編 昭 和62年。

小倉物語(花の精・四人比丘尼)
1近世文芸叢書・3・小説・1 饗庭篁村緒言 早川純三郎編 神戸龍治・文伝正 興校 明治43年。

2〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・10 田中伸解題 昭和48年。
3仮名草子集成・8 朝倉治彦編 昭和62年。

おさな源氏(源氏大概抄)
1近世文芸叢書・7・擬物語 早川純三郎編 難波常雄・田口重男・文伝正興校  明治44年。
2近代日本文学大系・1・仮名草子集 笹川種郎解題 昭和3年。

遠近草
1仮名草子集成・23 朝倉治彦編 平成10年9月。

御茶物かたり
1古典文庫・18・未刊中世小説・2 市古貞次解題校訂 昭和23年。
2日本庶民文化史料集成・10・数寄芸能史研究会編 古川瑞昌・林屋辰三郎解題校 注 昭和43年。

伽婢子(御伽婢子)
1近世文芸叢書・3・小説・1 饗庭篁村緒言 早川純三郎編 神戸龍治・文伝正 興校 明治43年。
2近代日本文学大系・13・怪異小説集 笹川種郎解題 昭和2年。
3日本名著全集・10・怪談名作集 山口剛解説 昭和2年。
4(抄訳)教育社新書・原本現代訳・59 江本裕訳 昭和55年。
5仮名草子集成・7 朝倉治彦編 昭和61年。
6東洋文庫・四七五・伽婢子・1(巻1〜巻8) 江本裕校訂解説 昭和62年。
7東洋文庫・四八〇・伽婢子・2(巻9〜巻13) 江本裕校訂解説 昭和63年。
8新日本古典文学大系75 松田修・渡辺守邦・花田富二夫校注 平成13年。

御伽物語
→宿直草(とのいぐさ)。

女郎花物語
1東洋女訓叢書・3 石川正作編 明治33年。
2日本教育文庫・7・孝義篇下 黒川真道編 黒川真道・小滝淳校 明治43年(昭 和52年復刻)
3新註女郎花物語 鳥野幸次著 昭和2年。

4王朝文学・15 佐藤りつ校訂 昭和43年5月。
5〔複〕古典文庫・二七八 佐藤りつ解説 昭和45年。
6古典文庫・二八二 佐藤りつ解説校訂 昭和45年。
7〔複〕近世文学資料類従・仮名草子編・13 渡辺守邦解題 昭和48年。
8〔複〕北村季吟古註釈集成・別5 昭和55年。
9国文学研究叢書・3 上岡勇司・小柳雅彦・島美すず・渡辺淳子・佐藤崇子校  昭和60年3月。
10仮名草子集成・8(刊本・写本) 朝倉治彦編 昭和62年

親子物語
→勧孝記(かんこうき)。

尾張大根(尾張名所記)
1国語国文学研究・1〜2 石田元季校訂 昭和15年10月・12月。
2仮名草子集成・8 朝倉治彦編 昭和62年。

女鏡秘伝書

1〔複〕家政学文献集成・江戸期・1 田中ちた子・田中初夫編 昭和41年。
2東京家政学院大学紀要・7〜9 遠藤祥子校訂・田中初夫解題 昭和42年12月 〜44年12月。
3仮名草子集成・10 朝倉治彦・深沢秋男編 平成元年。

女五経(女五経大全・あかし物語)
1仮名草子集成・10 朝倉治彦・深沢秋男編 平成元年。

女式目(貞節教訓女式目)
1日本教育文庫・5・女訓篇 黒川真道編 黒川真道・小滝淳校 明治43年(昭和 52年復刻)。
2仮名草子集成・11 朝倉治彦・深沢秋男編 平成2年(二冊本・三冊本)。

女四書
→じょししょ。

女仁義物語
1日本教育文庫・5・女訓篇 黒川真道編 黒川真道・小滝淳校 明治43年(昭和 52年復刻)。
2〔複〕岩崎文庫貴重本叢刊・近世篇・2・仮名草子 市古貞次解説 昭和49年。
3仮名草子集成・10 朝倉治彦・深沢秋男編 平成元年。

女みだれがみけうくん物語
1近世初期文芸・3 小川武彦解題翻刻 昭和48年12月。
2仮名草子集成・10 朝倉治彦・深沢秋男編 平成元年。
3〔複〕仮名草子集成・10 朝倉治彦・深沢秋男編 平成元年。

スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 07:13
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする