大妻女子大学の本

  • 2019.10.28 Monday
  • 05:44
大妻女子大学の本

。。。。。。。。。。。。。。。。。

2019年9月10日
「大妻ブックレット・シリーズ」を創刊告知 , 教員 , 研究活動

大妻女子大学では2018年に迎えた創立110周年を記念して、本学教員の優れた研究成果やユニークな教育活動を広く社会へ発信する「大妻ブックレット・シリーズ」(日本経済評論社刊)を創刊いたしました。
2019年8月に、次の3冊が刊行されましたので、ご紹介いたします。

『女子学生にすすめる60冊』 (大妻ブックレット出版委員会 編 税抜1,300円)
「大学生になったら一体どんな本を読んだらいいの・・?」そんな疑問に、さまざまな専門の教員が答える。教養書から小説・絵本まで、いま大学生が読むべき本を紹介する。

『英国ファンタジーの風景』 (比較文化学部教授・安藤聡 著 税抜1,300円)
『不思議の国のアリス』や『ホビット』、『ハリー・ポッター』など、なぜ英国では優れたファンタジーが生まれるのか。作者にゆかりの土地と、作品の舞台・背景を紹介し、その魅力に迫る。

『カウンセラーになる 心理専門職の世界』 (人間関係学部人間福祉学科教授・尾久裕紀/人間関係学部社会・臨床心理学専攻教授・福島哲夫 編著 税抜1,400円)
大学でどのように学び、どのような資格が必要か。その仕事は何か。カウンセラーについて具体的に説明。公認心理師、臨床心理士の養成についてわかりやすく、最新の情報を紹介。

今後10年間にさまざまなテーマで数十冊の刊行を予定しています。大学購買部のほか、全国書店でも販売しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大妻ブックレット制作

事業の目的

 大妻の知の現在―大妻女子大学の研究と教育の今を、社会に向けて発信することを目的としています。

事業実施内容

〆810年間を第1期として、大妻女子大学における研究と教育の到達点と今後の展望を、ブックレットという形で、わかりやすく社会に向けて発信
家政学部、文学部、社会情報学部、人間関係学部、比較文化学部、短期大学部各部局の研究と教育の最先端を紹介
女子大ならではの特徴をもった教育と研究を紹介
ぅ轡鵐櫂献Ε爐箙岷蕾颪鬚泙箸瓩織屮奪レットの制作

。。。。。。。。。。。。。。。


スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 05:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする