道草を喰いました

  • 2019.06.08 Saturday
  • 06:22
道草を喰いました

。。。。。。。。。。。。

●お互いに、ずいぶん道草を喰いましたね。貴君は天保の民に心をささげ、小生は海外調査にうきみをやつし、やっとまた無一物で出発点に立ちもどったわけです。無一物ではあるが、物をみる視野と経験は豊かになったと思います。
再出発を記念して、師宣か何かをもとに、近世初期文化全体を展望する記念集を共同でまとめましょう。師宣と仮名草子についての資料、今、整理しています。研究には、どんどん活用して下さい。
。。。。。。。。。。。。

●初期俳諧を御指導頂いた、島本昌一先生からの手紙である。先生は、長期間にわたる、大英博物館等の海外の調査が終わり、帰国された時のものである。私は『井関隆子日記』が完結した数年後、昭和60年(1985)のお手紙である。島本先生は、菱川師宣関係の、膨大な資料を持ち帰られた。

●この資料をベースにして『師宣全集』の刊行を計画した。知り合いのK出版社のO氏に相談したところ、出しましょうという事で、原本調査を開始した。これは、大変な作業だった。結果的には、企画倒れになってしまったが、勉強にはなった。

●今日、古い資料を整理していて、懐かしい、島本先生のお手紙に接した。先生の学恩に対して、涙が出そうになった。

●島本先生と、近世初期文芸研究会を創設し、『近世初期文芸』を創刊した。近世初期の文化・文芸に、篤い思いを抱く2人だった。『近世初期文芸』は、今年、第36号を出す予定である。どのようなスタイルになるか・・・。

●島本昌一先生は、平成29年、86歳で、御逝去なされた。私も、その年齢に近付いてきた。

スポンサーサイト

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 06:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする