企画展示「被爆者に「なる」」 昭和女子大学

2018.11.02 Friday

0
    企画展示「被爆者に「なる」」  昭和女子大学文化史学科
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    企画展示「被爆者に「なる」」を開催します!

    こんにちは、「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト〜被団協関連文書〜」です。
    私たちは11月10日・11日両日開催の秋桜祭で、企画展示「被爆者に「なる」」(1号館3階3S07)をおこないます。多くのみなさまのご来場をお待ちしております。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    ◆2011年度  被爆者運動の貴重な史料を保存する目的で 「ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会」 設立。
    ◆013年度  昭和女子大学歴史文化学科の学生は、「ノーモア・ヒバクシャ・・・」 に協力して、関連史料の保存活動に取り組む。
    ◆2021年度  4年計画の完成年度に、調査・研究の成果を、昭和女子大学光葉博物館で、企画展を開催予定。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    ●今年度の、秋桜祭での企画展示「被爆者に「なる」」は、その中間報告のようである。私は、時々、昭和女子大のサイトをのぞいて、松田忍氏の指導による、この活動を知っていた。学生は、夏季休暇などを利用して、貴重な史料の整理に取り組んできていた。このように、散佚しそうな史料の整理・定着は、歴史学の上から見て、極めて重要であると思われる。






    スポンサーサイト

    2018.11.14 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする