『夷參』 第19号 発行

2018.11.02 Friday

0
    『夷參』第19号 発行

    ●森川昭先生の、マイ雑誌『夷參』第19号が発行された。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    夷參(いさま)19号 非売品
      平成30年10月17日 発行
    編著者  森川昭
    発行者  森川昭
    印刷所  (有)くうるいんさつ
    発行所  座間市入谷四丁目  森川昭
    目次
     〇鳴海の行政 第四回          榊原 邦彦
       ― 年寄 頭百姓 惣年寄 六役 ―
     〇『千代倉家日記抄』の地名 第十六回  榊原 邦彦
       ― 寛政四年〜寛政八年 ―
    〇千代倉家日記抄 五五          森川 昭
       ―明治四三年〜大正二年および補遺―

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

     『下里知足の文事の研究』の完成を促進するためにはじめたマイ雑誌『夷参』の19号ができました。謹呈申し上げます。ご一覧、ご教示のほどよろしくお願い申し上げます。『下里知足の文事の研究』は、平成二五年一月に第一部「日記篇」を、二七年一月に第二部論文篇、第三部年表篇をいずれも和泉書院から刊行することが出来、小誌は所期の目的を達することになりましたが、その後も老いの力杖にと継続してまいりした。今号の「千代倉家日記抄 五五」大正二年までで千代倉家の日記の調査が終了しました。あとは残務整理の二〇号を来年中に刊行して終刊とする心づもりです。
     平成三〇戌年一〇月吉日 腱鞘炎手術の包帯もとれて     森川 昭

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ●森川昭先生のマイ雑誌第19号が発行された。先生の「千代倉家日記抄」は、その1が、昭和63年(1988)に発表され、この度、その55が発表されて、完結した。
    30年間に亙る御研究である。目的を達成され、来年発行予定の、第20号で、終刊にされるという。見事な御研究である。
    ●同じ研究を志している者の一人として、心から敬意を捧げる。また、近世文学のこの分野の研究を確実に推進され、多くの事を、お教え下さったことに対して、深く感謝申し上げたい。            深沢秋男








    スポンサーサイト

    2018.11.14 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする