井伏鱒二の山女魚釣り

2018.11.01 Thursday

0
    井伏鱒二の山女魚釣り

    ●池田茂光氏の「井伏鱒二『雨河内川』」(『広報 みのぶ』11月号)を読んだ。
    。。。。。。。。。。。。。。。。

    作者(井伏鱒二)は雨河内川に何度も釣りに来ています。下部周辺で釣りを覚え、とくに山女魚釣りに熱中しました。それだけに、釣りマニアとして、釣りに対する自尊心があります。
     その自尊心を傷つけられて憤る自分の心の変化をこの「雨河内川」という作品の中で丹念に述べています。
    。。。。。。。。。。。。。。。

    ●山女魚釣りの、繊細な奥義の一端を、井伏鱒二の『雨河内川』に教えてもらった。

    ●私など、富士川で、ウグイやハヤを毛針で、少し釣ったことはあるが、釣りは、性に合わない。半日も1日も座って、鯉を釣っていたおじさんがいたが、暇人だな、と思うくらいだった。

    スポンサーサイト

    2018.11.14 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする