渡邊恭氏の「大人の自由研究帖」

  • 2020.10.20 Tuesday
  • 16:32
渡邊恭氏作成のブログ「大人の自由研究帖」に次の記事があった。

。。。。。。。。。。。。。

沖田総司の誕生日は7月15日か その3
2020年02月11日 09:00
『津山藩江戸日記』にあった

「五月廾八日  晴嵐」

の記載。
沖田総司の誕生日は、果たしてこの日なのか?

歴史天候データベース(以下、歴史天候DBと表記します)では、この日の天候は「晴」と「小雨」となっています。
「小雨」と「嵐」では、だいぶ違います。

他の日記等を探してみたところ、江戸の女流歌人・井関隆子日記に、雨が降り風も吹いたという内容の記載がありました。

その他、江戸の藤岡屋日記、横浜の関口日記、武蔵村山の指田日記、八王子の石川日記の5月28日を調べた結果、以下の表のようになりました。



表を見ると同じ江戸であっても、まちまちです。

歴史天候DBと津山藩江戸日記に共通するのは「晴」と「雨」。
対して津山藩江戸日記と井関隆子日記に共通するのは「雨」と「風」です。
前日から横浜に強い南風が吹いているので、江戸にもこの風が吹き込んでいた可能性があります。
風はあったとみていいでしょう。

では、雨はどうだったのか。

井関隆子日記には雨の程度は書かれていませんが、この日隆子は午前11時ごろ、仏事で寺へと外出しています。
雨のため駕籠で行ったようですが、外出できないほどの暴風雨ではなかったことがわかります。

歴史天候DBも「小雨」としているところを見ると、大雨ではないが風が強かったため、津山藩江戸日記では「嵐」と表記したとも考えられます。


藤岡屋日記には、天気の記載はありませんが
「両国夜見世開、花火有之」
とあります。

この日は、隅田川の川開きの日でした。
8月28日までの夕涼み期間のみ、日没までしか営業できなかった両国橋あたりの料理屋などに、夜半営業が許可されるそうで、その初日ということでしょう。
そして、花火もあがった、ということは、夜には晴れていたことになります。

津山藩江戸日記の天候は時系列で書かれていることが多いので、「晴嵐」は、晴が先でしょう。
とすると、この日は
晴→小雨→風も吹く(嵐)→夜には晴
であったのかもしれません。

「ひどい大暴風雨」でしたら印象も強く、記載が一致すると思われるので、
やはりこの日の雨はそれほどではなかったのではないでしょうか。
また晴もあるので、「大変に暗い日」にも一致しない可能性があります。

一方、6月8日(新暦7月15日)はこうなっていました。


八王子以外は薄曇りから大雷雨で一致しています。
広範囲で悪天候であったようです。

この日の井関隆子日記には、

「未のくだちいかづちなりふためくと思ふほど、雨ふる事いといみじう、いはほも何も打とほしぬべく、いとおどろおどろし。やり戸をもさしあへぬ間に風さへあれて吹き入り」

とあります。

大まかに訳すと
「未刻の後半(4時前くらいか?) 雷が鳴り、ひどい雨が降って来た。岩も貫いてしまうに違いないくらいの雨で、ひどく恐ろしい。戸を閉める間にも風まで荒れて吹き入ってきた」
という感じでしょうか…。

この日の雷雨ははっきりしていましたが、この日記で、かなりの強風であったことがわかります。
まさに大暴風雨です。

前回、津山藩江戸日記での「曇 晩雷雨」の「晩」を、夜と解釈してしまいましたが、
正確には「夕方」のことだそうです。
失礼しました。

夕方とすれば、井関隆子日記とも一致します。

6月8日は、朝から曇りで、夕方から大暴風雨。
「夏」 「たいへんに暗い日」 「大暴風雨」
の条件を満たしています。

以上の事から、沖田総司の誕生日は、やはり天保13年6月8日(新暦7月15日)ではないか、
と考える次第です。


【今回の引用・参考文献等】(敬称略)
・歴史天候データベース・オン・ザ・ウェブ 吉村稔
・津山藩松平家「江戸日記」 津山郷土博物館
・井関隆子日記 中巻 深沢秋男 校注 勉誠社
・藤岡屋日記 第2巻 (11〜17(天保八年〜弘化二年)) (近世庶民生活史料)
藤岡屋由蔵 [著], 鈴木棠三, 小池章太郎 編 三一書房
・横浜市文化財調査報告書 第8輯の9 横浜市文化財研究調査会 編 横浜市教育委員会
・石川日記 11 (郷土資料館資料シリーズ ; 第28号) 
八王子市郷土資料館 編 八王子市教育委員会
・注解指田日記 上巻 武蔵村山市立歴史民俗資料館 編 武蔵村山市教育委員会
・隅田川の川開きについて レファレンス共同データベース
カテゴリなしの他の記事
• 沖田総司という人は?【筆跡編】
• 「斎藤一」聞書き─攜‐據殺人剣活人刀 その4】
• 「斎藤一」聞書きА攜‐據殺人剣活人刀 その3】
• 【珈琲少憩】今日は沖田総司の誕生日?
• 「斎藤一」聞書きΑ攜‐據殺人剣活人刀 その2】

。。。。。。。。。。。


●最初に引用した時、作成者、ブログの出典を記すのを失念してしまった。
 渡邊恭氏に対して大変失礼をした。改めて再掲載して、お詫び申し上げます。
 2020年10月20日  深沢秋男