秋元順子〜コウトウ・ラブ・ストーリー〜

2018.04.20 Friday

0
    秋元順子 〜コウトウ・ラブ・ストーリー〜

    ■日 時   2018年6月21日(木) 15:30〜
    ■場 所   ティアラこうとう  03−5624−3333
    ■全席指定  7000円
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    秋元 順子   【ウィキペディア より】

    秋元 順子(あきも - )は、日本の女性歌手。東京都江東区深川生まれ。ハワイアンバンド出身であるが幅広いジャンルを歌う。
    2008年、『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場。61歳6ヶ月での初出場は紅組史上歴代最高齢記録である。初出場歌手会見の報道では「団塊世代の星」と評された[1][2]。
    人物
    • 高校卒業後、石油会社で働きながら、ハワイアンバンドで音楽活動を行うが、結婚を機に主婦業に専念。家業の花屋を営む傍ら、子育てから手が離れた40歳頃に昔のバンド仲間から誘われ音楽活動を再開。
    • 57歳で「マディソン郡の恋」を徳間ジャパンからインディーズ発売し、異例の「有線お問合せランキング」1位を獲得。その後関係者の目に止まり、翌年58歳でキングレコードよりメジャーデビュー。
    • 趣味は自動車の運転。特技はフラワーアレンジメント。
    • 幼少時は児童劇団に所属し[3]、時代劇女優志望だった。
    • 石原裕次郎主演映画『青春とはなんだ』で生徒役としてエキストラ出演。
    • オヤジギャグを多く発する[4]。
    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    ●今日、美味しいコーヒーの〔樹屋〕へ寄ったら、秋元順子の江東でのリサイタルのことを知らされた。〔樹屋〕のマスターは、両国の出身、江東出身の秋元順子とは、歌の仲間である。私の妻も秋元順子の大ファンで、以前、大宮のソニックシティの大ホールに、2人で聞きに行ったこともある。
    ●実は、私も学生時代、大学の紹介で、江東区猿江町に下宿していたことがある。銭湯も、クリーニング店も、ラーメン屋も、古本屋も、みんな懐かしい。